ホーム > 学部案内 > 医学科 > 医学科講座 > 災害・救急医療学講座

災害・救急医療学講座

講座紹介

 当講座は、2011年10月に開講致しました。2015年4月には救急部が誕生し、2016年5月に新たに救急部専任の医師を迎えることができました。

 阪神大震災、東日本大震災、2016年4月には熊本での震災、そして2018年7月には西日本豪雨災害が起こり、今後も日本列島は様々な想定外の災害が起こることが予想されます。また、豪雨災害や火山災害など、いつ何が起きても不思議ではない状況と言えます。 一人一人が普段から、万が一に備える必要があることを痛感します。近い将来必ず発生する南海トラフ地震に対しても、日常的に備えることが重要です。 想定される種々の状況に対してシミュレーションを行い、事前に行うべき対策や計画を着実に進める必要があります。大規模な病院避難に対しても、事前計画の検討が急がれます。 南海トラフ地震、特に連動地震では、高知県への外部支援が遅れる可能性や、県外への患者搬送の困難さが想像されます。そのため、医療機関だけでなく県民挙げての総力戦となることが言われており、その具体化が課題です。 当講座としても、これらの喫緊の課題に取り組んで参ります。

 本県では近い将来南海トラフ地震の発生が想定されています。高知県災害時医療救護計画では、災害時の医療対応能力を全ての医師が身に着けることの重要性と必要性を謳い、喫緊の課題として災害医療教育に取り組む方針が打ち出されています。災害はいついかなる所でも起こりうるため、本来全医療者が災害医療の素養を身に着けることが望まれます。


高知大学医学部 災害・救急医療学講座

高知大学医学部 災害・救急医療学講座
http://www.kochi-ms.ac.jp/~kus99/

TEL:088-880-2286
FAX:088-888-2880